Home > 書斎活用テクニック集 > 書斎勉強術

書斎勉強術 Archive

“真似(模倣)”からはじめる

「真似(模倣)」と聞くと、あまり良いイメージが湧かない人も多いかと思いますが、“優れた先人の作品・行いを真似する”ということは、上達のためのアプローチとして非常に有効的な方法です。… Continue Reading

「上達した自分」をイメージする

趣味にしろ習い事にしろ、「何かを続ける」というのは、簡単なようでいて案外難しいものです。 特に、ある程度のレベルまで上達するのにそれなりの時間と努力を必要とするもの(ほとんどの物事… Continue Reading

“継続”のために「日記」をつける

一つのことを続けたり、習慣化したりといった際に、毎日の成果を「日記」の形で残すというのは、非常に有効な方法です。 自分が一歩ずつでも進んでいることを、明確な形で確認することが出来ま… Continue Reading

「基礎学習」と「反復練習」の重要性

「基礎学習」というものは、どれも“地味”で、しかもその成果は分かりやすい形で直ぐに表れる、というものでもありません。 よって、基礎学習を蔑ろにして小手先のテクニックばかりを身につけ… Continue Reading

「思い立ったが吉日」を実行する

『何かを始めるのに「手遅れ」はない』と以前書きましたが、それでも“早くから始めることによるメリット”がなくなるわけではありません。 よって「何かをやってみたい!」という衝動に駆られ… Continue Reading

何かを始めるのに“手遅れ”はない

何か新しいことを始めるときに、多くの人が躊躇してしまう原因の一つとして、「今からはじめるのでは、もう遅いのでは・・・」といった懸念が浮かんでしまう、ということが挙げられるかと思いま… Continue Reading

“趣味人”から“スペシャリスト”へ

本来“趣味”とは、自分だけのもの、もしくはごくごく狭いコミュニティのためのものだと思います。 しかし、その“趣味”の枠に留まらず、“趣味”を足がかりとして、自分から情報を発信し、多… Continue Reading

“なりたい自分”を目指すために。

書斎とは「自分を磨く場所」にほかなりません。 誰でもひそかに描き続ける“理想の自分”のイメージがいくつかあると思います。そして、そういったもののほとんどが、実現のためには何かしらの… Continue Reading

ホーム > 書斎活用テクニック集 > 書斎勉強術

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud