書斎インテリアレイアウトスタイル

“発信する”ために書斎を作る。

書斎という空間は、“内に篭る場所”であると同時に、“外へ繋がっていく場所”でもあります。 何かを学ぶことで“知る”楽しみだけでは満足できなくなった人は、やがて自らも発信していくよう… Continue Reading

“真似(模倣)”からはじめる

「真似(模倣)」と聞くと、あまり良いイメージが湧かない人も多いかと思いますが、“優れた先人の作品・行いを真似する”ということは、上達のためのアプローチとして非常に有効的な方法です。… Continue Reading

「ネット書店」を“書庫”として使うテクニック

読書が趣味だけど、本棚は持っていない。そんな生活を実現する方法が、「ネット書店」を自分の“書庫”として有効活用する方法です。 アマゾンやセブンアンドワイ、楽天ブックスなどのオンライ… Continue Reading

「図書館」を“書庫”として使うテクニック

次々と発刊される魅力的な書籍の数々に目移りする日々というのは非常に胸躍るものですが、「自分が興味のある本を全て買う」というのは、ほとんどの人にとって困難なことだと思います。 仕事や… Continue Reading

「本は読んだら処分する」というテクニック

放っておくと、いつの間にか増えてしまう「蔵書」の数々。せっかく壁一面の本棚を作っても、数年もすれば、 ・・・その本棚にすら収まりきらなくなり、 ・・・収納棚を追加したり、 ・・・床… Continue Reading

自分の書斎は、自分で掃除する。

書斎は限られた(家族全員の)住宅スペースの中から無理をして確保した「自分だけの空間」です。 そして、その得られた“自由”と引き換えに、その空間を有効に活用しきちんと管理する“責任”… Continue Reading

“朝型”と“夜型”どちらが良いのか?

書斎を利用する時間として最適なのは“朝”でしょうか?それとも“夜”でしょうか? 一般的には「朝型習慣(毎早起きして仕事前に自分だけの時間を作る習慣)」のほうが健康に良いといわれてお… Continue Reading

1日1回は必ず書斎に行く

書斎をしっかりと使用するには、生活サイクルの中で「書斎にいる時間」を必ず確保し、それを継続させることが重要です。 そのためには、どんなに遅い時間でも1日1回は必ず書斎に行き、机に向… Continue Reading

「上達した自分」をイメージする

趣味にしろ習い事にしろ、「何かを続ける」というのは、簡単なようでいて案外難しいものです。 特に、ある程度のレベルまで上達するのにそれなりの時間と努力を必要とするもの(ほとんどの物事… Continue Reading

“継続”のために「日記」をつける

一つのことを続けたり、習慣化したりといった際に、毎日の成果を「日記」の形で残すというのは、非常に有効な方法です。 自分が一歩ずつでも進んでいることを、明確な形で確認することが出来ま… Continue Reading

Home

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud