Home > 書斎空間の作り方・レイアウト > 「ちょっと置き」のためのスペースを作る方法

「ちょっと置き」のためのスペースを作る方法

仕事や勉強などで「参考資料」を多く使う人などは、収納以外にも手の届く場所に“ちょっと置き”のための台のようなものが欲しい!と思うことが多いのではないかと思います。

そういった資料を机の上に積んでしまう人も中にはいますが、机の上はなるべく何も置かないようにして、それとは別に「ちょっと置き」のためのスペースを作ったほうが、快適な作業環境を作る、という意味では賢いやり方です。

ここで注意しなければならないのは、この『ちょっと置きスペース』は、出来る限り“必要最小限の大きさ”に留めておく、という点です。

広いスペースを“ちょっと置き”のために用意してしまうと、その分だけ置く量が多くなってしまい、結局片付けるのが億劫になってしまう、といった事態になりがちだからです。

具体的には、40cm×40cm位のスペースにして、本などを何冊も置けないような大きさにしておくべきでしょう。デスクワゴンの上を代用するのもいいですね。

一日の作業が終わったら、モノを一旦全て片付ける。

これは『ちょっと置きスペース』においても守るべき、整理整頓の基本ルールといえます。

このルールを習慣化するためにも、必要最小限の『ちょっと置きスペース』を作って、出来る限り有効的に利用してみてください。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/387.html/trackback?_wpnonce=211b22f751
Listed below are links to weblogs that reference
「ちょっと置き」のためのスペースを作る方法 from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > 書斎空間の作り方・レイアウト > 「ちょっと置き」のためのスペースを作る方法

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud