Home > 本棚・収納の選び方 > 本棚計画(収納計画)のポイント

本棚計画(収納計画)のポイント

書斎用に本棚を作る、もしくは買う際には「現在の蔵書量」「今後の蔵書計画」とを比較・熟考し、それに合った最適なスペースを考えなければなりません。

造り付けの本棚を作る際に、「とりあえず、出来る限り大きく作っておけば大丈夫だろう。」と安易な考えで壁一面の本棚を作ってしまったばかりに、空いている収納スペースを埋めようと必要の無い本を買ってしまった人の話をしばしば聞きます。

また、本棚の高さ・奥行きについても、あまり深く考えずに買った本棚と自分が収納したい本の高さが合わなかったり、逆に本の高さと比較して一段の高さが高すぎてしまうといった話も、よく耳にします。

これらは全て、『自分はどういった種類の本を、どのくらいのペースで買っているのか?』ということをしっかりと考えなかった結果であるといえます。

収納を用意する場合、その準備としてどれだけしっかりとした「収納計画」を立てることが出来るか?が、収納の機能性に大きく左右します。

・自分はどういった本を集めているのか?
・それらはどの位のペースで増えているのか?

そして、これらに加えて

・その本をどういった頻度で使って(読んで)いるのか?

こういったチェック項目を用意して、最適な『本棚計画(収納計画)』を考えてみてください。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/375.html/trackback?_wpnonce=9f089eae4f
Listed below are links to weblogs that reference
本棚計画(収納計画)のポイント from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > 本棚・収納の選び方 > 本棚計画(収納計画)のポイント

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud