Home > 書斎空間の作り方・レイアウト > 書斎に「芸術作品」を飾るワケ

書斎に「芸術作品」を飾るワケ

書斎を格調高くまとめるのに有効なアイテムの一つが、絵や写真、彫刻などのいわゆる「芸術作品」です。

思わず目を引かれる絵画やグラフィックアートなどは、手軽に部屋に“彩り”を加えることが出来る、まさにインテリアコーディネートに欠かせないアイテムです。

そして、これらを“さりげなく(主張しすぎず)”飾ることが出来るかどうか?というのは、ある種のセンスが問われます。

「芸術作品」といっても、必ずしも高価なものである必要はありません。

無名のアーティストの中から自分のお気に入りを発掘してみるのもいいですし、プリントアウトしたものをフレームに入れて飾ってみるというのも面白い方法です。

また、「芸術作品を書斎に置く」というのは、自分自身の創作意欲を刺激するという役割も持っています。

自分が尊敬するアーティストや目標とする作品などを、いつでも目に見える位置に飾っておくことで、自らを高めようとする意識を持つというのは、とても良い書斎の使い方なのではないかと思います。

感性を刺激するこういったアイテムは、書斎のような空間にこそ相応しいのかもしれませんね。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/373.html/trackback?_wpnonce=1e01e3685e
Listed below are links to weblogs that reference
書斎に「芸術作品」を飾るワケ from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > 書斎空間の作り方・レイアウト > 書斎に「芸術作品」を飾るワケ

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud