Home > 書斎読書術 > 「ネット書店」を“書庫”として使うテクニック

「ネット書店」を“書庫”として使うテクニック

読書が趣味だけど、本棚は持っていない。そんな生活を実現する方法が、「ネット書店」を自分の“書庫”として有効活用する方法です。

アマゾンやセブンアンドワイ、楽天ブックスなどのオンライン書店を使えば、ほとんどの本が直ぐに手に入ります。在庫がない本でもアマゾンのマーケットプレイスやブックオフなどの中古書店を使えば、手に入らない本はほぼないといっていいでしょう。

いつでも買えるのですから、一度購入した本も読み終わったら直ぐに処分(マーケットプレイスに出品、もしくはブックオフで売却)してしまえば、収納のための本棚は必要ありません。また読みたくなったら、その時に買い直せばいいのです。

「せっかくお金を出して買ったのに・・・」という“もったいない”意識が働く人も多いかと思いますが、“ほとんど読まない本”を置くためのスペースを確保することで無駄になってしまう空間のことを考えれば、必ずしも『もったいない行為』ではない、といえるのではないでしょうか?

必要な本はネットですぐに取り寄せ、読んだら直ぐネットで売る。希少本などの“一度手放すと二度と読めないかもしれない”というごく一部の本以外は、この方法を使うのも賢いやり方なのかもしれませんね。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/369.html/trackback?_wpnonce=5f56bdd3fa
Listed below are links to weblogs that reference
「ネット書店」を“書庫”として使うテクニック from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > 書斎読書術 > 「ネット書店」を“書庫”として使うテクニック

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud