Home > 書斎読書術 > 「本は読んだら処分する」というテクニック

「本は読んだら処分する」というテクニック

放っておくと、いつの間にか増えてしまう「蔵書」の数々。せっかく壁一面の本棚を作っても、数年もすれば、

・・・その本棚にすら収まりきらなくなり、
・・・収納棚を追加したり、
・・・床に本を平積みにしたり、

と、さらに“混沌(カオス)”の様相を呈してくる、というケースも少なくありません。そもそも、「購入した本を全て手元に残しておこう」という意識があるから、こういった事態になるのだと思います。

「せっかく買ったのだから、捨てるのはちょっと・・・」という心理は、ほとんどの人にあるかと思います。しかしその実、“二度三度と読み直す本”というのはほとんどないというのが現実ではないでしょうか?

それならば、いっそのこと趣味や仕事の「資料」となる本以外(小説、雑誌など)は、一度読んだら処分してしまうというのも賢い選択かもしれません。

「処分する」といっても単純に捨ててしまうのではなく、古書店などに売っても良いですし、面白いと感じた本なら知人・友人に譲ってしまったほうが、良心も痛まずに済むかと思います。

この方法が“絶対”である、と言うわけではありませんが「蔵書コレクション」にそれほど興味がない人や、なるべく部屋を広く使いたいと考えている人には、一つの有効策なのだと私は思います。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/367.html/trackback?_wpnonce=0327c6c5ef
Listed below are links to weblogs that reference
「本は読んだら処分する」というテクニック from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > 書斎読書術 > 「本は読んだら処分する」というテクニック

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud