Home > 書斎勉強術 > “趣味人”から“スペシャリスト”へ

“趣味人”から“スペシャリスト”へ

本来“趣味”とは、自分だけのもの、もしくはごくごく狭いコミュニティのためのものだと思います。

しかし、その“趣味”の枠に留まらず、“趣味”を足がかりとして、自分から情報を発信し、多くの人と繋がっていくことで、広く世界(社会)に関わっていくことが出来る人は、単なる「趣味人」を超えた「スペシャリスト」といってもいいでしょう。

それは、必ずしも「ビジネス」として利益を得なければいけない、というものではありません。そういった“繋がり”によって与えられるもの/得られるものは、決してお金だけではないからです。

自分の好きなことで、自分だけでなく周りの人も幸せにすることが出来る。

それはとても素敵なことでしょうし、そういったことのために『書斎』が役に立てば、と、私は願っています。


  • Tags:

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/359.html/trackback?_wpnonce=80620321db
Listed below are links to weblogs that reference
“趣味人”から“スペシャリスト”へ from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > 書斎勉強術 > “趣味人”から“スペシャリスト”へ

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud