Home > 書斎・SOHO照明 > 「読書灯(=読書に最適な照明)」の選び方

「読書灯(=読書に最適な照明)」の選び方

書斎机には、デスクライトのような「作業用照明」が欠かせません。

ものを書いたり、何かの作業をしたりといった時に手元を照らす“照明”は、様々なシーンで重宝するアイテムの一つです。

しかし、単に“照明”といっても、「手元作業」のための照明と「読書」のための照明とでは、その役割や効果が微妙に異なります。

なぜなら、照明にはそれぞれの作業にとって最適な光の「角度・量・広さ」といったものがあるからです。

本に反射した光が直接目に飛び込んできたり、手元が影になってしまって見づらくなってしまう、といったことがある従来型のデスクライトは、必ずしも読書に適した照明ではありません。

『読書に最適な照明』とは、机の上に置くデスクライトの光ではなく、自分の頭(肩)の斜め後ろから当てる柔らかな光が最も最適だといわれています。

具体的には、高さや角度が調節できるフロアスタンドなどを書斎机・椅子の斜め後ろなどに置いて、上手く光が当たるように調整するのがオススメです。

「書斎」では、複数の照明を用途に応じて使い分けるというのが最も賢い方法なのかもしれませんね。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/351.html/trackback?_wpnonce=eba624d2d1
Listed below are links to weblogs that reference
「読書灯(=読書に最適な照明)」の選び方 from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > 書斎・SOHO照明 > 「読書灯(=読書に最適な照明)」の選び方

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud