Home > 書斎・SOHO文房具 > 敷居が高い?「万年筆」の魅力

敷居が高い?「万年筆」の魅力

“書斎に相応しい小物(文房具)”と聞くと、まずはじめに思いつくのが「万年筆」ではないかと思います。

趣味人のステータスとも言われている万年筆は、その反面、価格や扱いの面倒さなどから「敷居が高い」と思われているアイテムでもあります。

気になってはいたけど、敬遠してしまっていた“万年筆”。

そこで、書斎を作ろう!と思った(作った)記念に、その奥深い世界に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

万年筆を構成するペン先や軸材、インクなどはメーカーや各モデルごとの個性が出ており、多種多様なこれらパーツの中から、好みに応じて様々な組み合わせを楽しむことができるようになっています。

愛好家やコレクターが多く、ファンサイトも数多く存在するというのも頷けます。

価格帯も実に様々で、シンプルで手ごろな値段のものから、芸術品とまで言われるほどの高級万年筆まで幅広く揃っています。1万円程度のものでも質のいいものがいくつかあるようなので、初心者はそのあたりからはじめてみるといいかもしれません。

ひとつの筆記具にここまでの“こだわり”や“思い入れ”を込められるものはそうありません。こうした“奥の深さ”も、「ハマったら抜け出せない」と言われ、趣味人達に愛される所以でしょう。

メールでのやり取りが多くなり、文字を書く頻度が極端に減ってしまった昨今、綺麗な字を書く人を見ると、それだけで敬服の思いを抱きます。万年筆に興味を持つのをキッカケに、手書きの文字の価値を再認識し、少しでも筆記する習慣をつけるというのもいいのではないでしょうか?

じっくりと愛用の万年筆の手入れをしたり、腰を落ち着けて文字を書いたりする。

そんな贅沢な時間の使い方こそが、書斎という空間にはふさわしいのかもしれませんね。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/348.html/trackback?_wpnonce=76a49c471c
Listed below are links to weblogs that reference
敷居が高い?「万年筆」の魅力 from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > 書斎・SOHO文房具 > 敷居が高い?「万年筆」の魅力

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud