Home > 書斎椅子(デスクチェアー)の選び方 > “書斎の定位置”としての椅子の役割

“書斎の定位置”としての椅子の役割

書斎を持つための心構えの一つとして、1日1回は机に向かうようにするというものがあります。

書斎を利用する習慣をつけることによって、書斎の“存在意義”のようなものを作ってあげるわけです。

「机に向かう」つまり「毎日椅子に座る習慣をつける」ということは、それだけ自分の“定位置”となる椅子が重要なアイテムになるということでもあります。

それ故に、価格を重視するあまりに、体に合わなかったり気に入ったデザインでない椅子を選んでしまうのではなく、少しくらい奮発してもしっかりとした機能・デザインのものを選ぶ必要があります。

「思わず座りたくなるような椅子を選ぶ」ということは、机に向かうことを習慣化するための良い後押しになります。

毎日座る椅子は、書斎の“相棒”といえる存在です。満足いく椅子を選ぶように是非心がけてください。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/347.html/trackback?_wpnonce=1bbfcb2bfe
Listed below are links to weblogs that reference
“書斎の定位置”としての椅子の役割 from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > 書斎椅子(デスクチェアー)の選び方 > “書斎の定位置”としての椅子の役割

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud