Home > 書斎机(デスク)の選び方 > 「パソコンラック」でなく「ワークデスク」をパソコンデスクとして使う

「パソコンラック」でなく「ワークデスク」をパソコンデスクとして使う

一昔前まで“パソコン用のデスク”といえば、本体・モニター・プリンターなどを縦に並べて収納する、金属フレーム製のいわゆる「パソコンラック」がほとんどでした。

しかし、パソコンを日常的に使う人が増えてきたことで、「いつも使う机(手元)に常にパソコンを置いておきたい」という考え方から、従来のパソコンラックでは満足できない、というニーズが日増しに高まってきています。

そういった方に私がおすすめするのが、通常のオフィスデスクよりも少し大きな「ワークデスク(ワーキングテーブル)」です。

通常のデスクよりも幅・奥行き共に大きめの「ワークデスク」の場合、パソコン本体や液晶モニター・キーボード・マウスなどを置いても、物を書くスペースが充分に確保できるので、机一つでほとんどの作業をカバーすることが可能です。

また、パソコン本体をデスクの下に置いたり、スリム型やキューブ型などのコンパクトタイプを選ぶことで、より広くデスクスペースを使うことも出来ます。

味気ないオフィスデスクやパソコンラックと違い、こういった「ワークデスク(ワーキングテーブル)」といったものは、サイズやデザインも豊富ですので、一味違った書斎机を求める人にもピッタリです。


Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/343.html/trackback?_wpnonce=c625eb5ef7
Listed below are links to weblogs that reference
「パソコンラック」でなく「ワークデスク」をパソコンデスクとして使う from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > 書斎机(デスク)の選び方 > 「パソコンラック」でなく「ワークデスク」をパソコンデスクとして使う

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud