Home > どこに書斎を作る?(Where:場所) > 「北向きの部屋」を書斎にする

「北向きの部屋」を書斎にする

開放的で太陽の光が燦々と降り注ぐ明るい部屋・・・

理想的な住まいのカタチを考えるとき、そんなイメージを浮かべる人も多いのではないでしょうか?

確かに、リビングなどのスペースを光も風も存分に取り込める開放的な空間プランにすることは、住まいづくりの一つの“定石”でもあります。

しかし、こと「書斎」に限ってみれば、必ずしもこの定石が正しいとは限りません。

直射日光は気分を落ち着かなくさせ、集中を妨げる効果がありますし、書籍類に光が厳禁であることは言うまでもないからです。

よって、書斎を作る際は直射日光が当たらない、最小限の採光プランというものを考える必要があります。

書斎の中は少し暗めにして、定期的に気分転換をかねて外に出ることで、日光を存分に浴びるようにする。というのも良いでしょう。

そういった意味でも、住宅の間取りを考える際に、とかく敬遠されがちな「北向きの部屋」を「書斎」(または「書庫」)にするというのは良いアイデアかもしれません。

日の光が存分に射し込む部屋はリビングや客間にして、少し暗めの部屋を書斎にする。

まさに一石二鳥のプランといえるのではないでしょうか?


  • Tags:

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/329.html/trackback?_wpnonce=7cdb155e77
Listed below are links to weblogs that reference
「北向きの部屋」を書斎にする from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > どこに書斎を作る?(Where:場所) > 「北向きの部屋」を書斎にする

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud