Home > どこに書斎を作る?(Where:場所) > どこでも「書斎」にすることが出来る!

どこでも「書斎」にすることが出来る!

「自分だけの空間(領域・テリトリー)」とは、物理的なものだけでなく“感覚的(精神的)”な意味も多分に含んでいます。

よって、何らかの“心理的な壁”さえ存在していれば、必ずしも書斎と他のスペースとが物理的に仕切られていなくても構いません。

また、「決まった場所に書斎がなければいけない」というわけでもありません。自分が好きなことをするためのスペースは、それこそ畳1枚分でも作ることが出来ます。

読書好きな人ならば、お気に入りの本と美味しい珈琲でもあれば、どこだって“自分だけの書斎”になり得るわけです。

はじめからしっかりとした書斎を持つ必要はありません。

余裕がある人は、部屋くらいは用意しておいたほうがいいかもしれませんが、部屋の広さも中にあるモノも、必要最小限にしたほうが何かと集中しやすいはずです。

“書斎をつくる”といっても、下手に気負うことはありません。

最初はあまり作りこまずに、自分が必要なものを少しずつ増やしていったほうが、空間づくりとしても失敗しにくいものです。

『自分の趣味を充実させながら、徐々に書斎も充実させていく』そのほうが、自然の流れといえるのではないでしょうか?


  • Tags:

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/328.html/trackback?_wpnonce=4fa7b99500
Listed below are links to weblogs that reference
どこでも「書斎」にすることが出来る! from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > どこに書斎を作る?(Where:場所) > どこでも「書斎」にすることが出来る!

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud