Home > なぜ、書斎を作るのか?(Why:目的) > “ものづくり”のために書斎を作る。

“ものづくり”のために書斎を作る。

書斎は、本を読んだり勉強・仕事をするためだけでの部屋ではありません。

『ワークルーム』としての機能を書斎に持たせれば、文筆・作曲・工芸など、様々な創作活動の場として書斎を使うことも可能です。

新しいモノを創り出すためには「一人になって集中することの出来る場所」が不可欠です。

趣味で絵を描いたり、模型作りなどを行っている人は書斎を“アトリエ”として捉えてみてはいかがでしょうか?

必要な道具・設備を最も使いやすいレイアウトで配置する。これも立派な『書斎インテリアコーディネート』の一つです。

単なる「作業部屋」では味気ないので、完成した作品を飾る“ギャラリー”としての機能を持たせれば、一層魅力的な『書斎アトリエ』が出来上がるのではないかと思います。


  • Tags:

Trackbacks:0

Trackback URL for this entry
http://www.shosaistyle.com/archives/327.html/trackback?_wpnonce=016843bc6a
Listed below are links to weblogs that reference
“ものづくり”のために書斎を作る。 from 書斎インテリアレイアウトスタイル

Home > なぜ、書斎を作るのか?(Why:目的) > “ものづくり”のために書斎を作る。

※「まぐまぐ」でインテリアメールマガジンを月1回発行しています。

管理人
Tag cloud